ビーズアクセの講師になって稼げる平均金額

ビーズアクセの講師になって稼げる平均金額

ビーズアクセサリー講師にはどのようになれるの?

ビーズアクセの講師になって稼げる平均金額

ビーズアクセサリー講師は、ビーズに関する知識や技術がある場合には、誰でもなることができます。

 

しかし「ビーズアクセサリーインストラクター」などの資格を保有していることで、活動の幅を広げることができます。しっかり場所を構えてビーズアクセサリー教室を開くこともできますし、手芸店やビーズショップ、地域の市民講座などで講師として活躍することができます。

 

また自宅で教室を開講することもできます。ビーズアクセサリー作りは、材料や道具が小さく、簡単に持ち運びをすることができます。机と椅子があればどこでも講師として活躍できるため、まず最初は自宅開講から始めると良いでしょう。

 

手芸店やビーズショップで講師として活躍してみよう!

多くの手芸店やビーズショップでは定期的に教室を開いており、講師を募集しています。また夏休みや冬休みなど期間限定で子どもたちにビーズ教室を開講している場合もあります。このような場合、資格を有していることが募集条件となっていることがほとんどです。

 

気になる講師としてのお給料はどのくらいなのでしょうか?もちろん各お店により異なりますが、たいてい固定として給料はなく、講習費が講師とお店とで折半になります。つまり、講習費の半分が講師の稼げる金額となる場合が多いでしょう。

 

講習費は講師が価格を設定することができますが、高い価格で設定すると生徒は集まりません。どのような年齢層でどのような地域にお店があるのかも講習費の価格設定に影響し、それは講師の給料にもつながります。

 

地域の市民講座やカルチャースクールで講師として活躍してみよう!

自治体や市が主催の講座は、面接を受ける必要があります。この際にも資格を有していると有利になります。各主催者により雇用条件は異なりますが、こちらも固定給ではありません。1教室の人数におおよその最低人数が定められているため、定員に満たない場合は講座が取りやめになる場合もあります。

 

その逆で募集定員がはるかに上回る場合、講座を多く設ける場合もあります。そのため、ビーズアクセサリーの講師になって稼ぐことができる平均金額は、人それぞれ異なります。いくらと一概に言うことはできません。

 

また一人の講師がいくつかの講座を掛け持ちすることもあるので、稼ぐことができる金額は人それぞれでしょう。

 

まとめ

ビーズアクセサリーの講師として自宅で、手芸店やビーズショップの定期的に開かれる教室で、また市民講座やカルチャースクールなどで活躍することができます。

 

おそらくどの講師でも給料制で働くことは難しいことが予想されます。しかし、いくつかの講座を掛け持ちするなどすればある程度の金額は稼ぐことはできるでしょう。

ビーズアクセの講師になって稼げる平均金額

関連ページ

生徒にビーズを教えるときのコツ
ビーズアクセサリーを作るスキルが高くなってくると、販売するだけでなく、作り方を教えてほしいといった要望を受けることもあります。そんなとき、生徒にビーズアクセサリーの作り方を教えるときに知っておきたい教え方のコツについてわかりやすく解説していきます。
カルチャースクールを成功させるには
ビーズアクセサリーの講師として、カルチャースクールを開けるなど、ビーズアクセサリーのスキルが上がってくると、いろいろな可能性が広がって楽しいですよね!ここでは、ビーズアクセサリーのカルチャースクールを開講して、成功させるために知っておきたいポイントについてわかりやすく解説していきます。
生涯学習の講師になるには
豊かで充実した人生を送るための学習を生涯にわたって続けていくありかたを生涯学習と呼びますが、この生涯学習へ意欲をもつ人が増えてきており、講師の需要も高まっています。ここでは、生涯学習の講師になるための方法についてわかりやすく解説していきます。
ビーズアクセサリー資格をとるには
ビーズアクセサリーは女性の間で非常に人気で、いろいろなデザインを楽しめることから非常に需要が高まっています。今ではビーズアクセサリーの資格も認定されるようになっていますが、そのビーズアクセサリーの資格を取るにはどうしたら良いのか、わかりやすく解説していきます。