生涯学習の講師になるには

生涯学習の講師になるには

生涯学習の講師とは?

生涯学習の講師になるには

生涯学習の講師とは、各生涯学習についての知識を持っており、生涯学習の指導や広報を行うことが主な仕事です。生涯学習の講師になるために、必ず修了しておかなければならない学歴はとくに定められていません。

 

国家試験ではなく、文部科学省認定社会通信講座を実施している団体が構成している、一般財団法人社会通信教育協会認定の民間資格の生涯インストラクター制度で資格を取得することができます。これには1級と2級の資格制度が設けられています。

 

生涯学習の資格をとるには?

生涯学習の資格を受験するには、文部科学省認定社会通信講座を修了する必要があります。ビーズアクセサリーインストラクターやビーズアクセサリーデザイナーとして生涯学習をしたい方は合わせて取得しておきましょう。

 

生涯学習2級インストラクターの受験資格は、文部科学省認定の通信講座を修了した18歳以上の方が対象となっています。生涯学習1級のインストラクター受験資格は、文部科学省認定の通信講座を修了し、2級の資格を有している満20歳以上の方が対象となっています。

 

偶数月末日までに資格認定申請を申し込み、偶数月に試験を受けることができます。一度資格を取得したら、生涯有効となります。通信講座で必要となる知識は学ぶことができるので、試験に合格する確率は高いと言えるでしょう。

 

生涯学習インストラクター資格取得後は?

生涯学習インストラクター資格取得後、認定書を受け取ることができます。それと同時に一般財団法人社会通信教育協会「人材バンク」に登録することができます。生涯学習、つまり人が生涯を通して行う学習には、学校教育をはじめとし社会教育、スポーツ活動、レクリエーション活動、ボランティア活動などさまざまな機会が対象となっています。

 

それを伝える活動するのがインストラクターの仕事ですので、自宅や地域、市役所やスポーツ施設、カルチャーセンターなどで活躍することができます。ボランティアとしての活動が広くなりますが、生涯にわたって役立つやりがいのある仕事と言えるでしょう。

 

まとめ

生涯学習の講師になるためには、まず文部科学省認定社会通信講座を受講し、講座終了後に「生涯学習インストラクター」試験を受けることができる資格を得ることができます。試験に合格することで生涯学習の講師、つまり生涯学習インストラクターとして活躍することができます

 

生涯学習インストラクターには2級と1級がありますので、まずは2級を目指して資格を取得すると良いでしょう。資格取得後は、講師としてさまざまな場所で活躍することができるので生涯、役に立つ資格と言えます。ビーズアクセサリーインストラクターやビーズアクセサリーデザイナーとして生涯学習をしたい方は合わせて取得して、生涯学習講座の可能性を広げましょう。

生涯学習の講師になるには

関連ページ

生徒にビーズを教えるときのコツ
ビーズアクセサリーを作るスキルが高くなってくると、販売するだけでなく、作り方を教えてほしいといった要望を受けることもあります。そんなとき、生徒にビーズアクセサリーの作り方を教えるときに知っておきたい教え方のコツについてわかりやすく解説していきます。
ビーズアクセの講師になって稼げる平均金額
ビーズアクセサリーはスキルが上がってくると、徐々に売れるようになったり、作り方を教えてほしいといった要望を受ける場合があります。そうなったとき、ビーズアクセの講師になって稼げる平均金額はどれくらいのものなのか、わかりやすく解説していきます。
カルチャースクールを成功させるには
ビーズアクセサリーの講師として、カルチャースクールを開けるなど、ビーズアクセサリーのスキルが上がってくると、いろいろな可能性が広がって楽しいですよね!ここでは、ビーズアクセサリーのカルチャースクールを開講して、成功させるために知っておきたいポイントについてわかりやすく解説していきます。
ビーズアクセサリー資格をとるには
ビーズアクセサリーは女性の間で非常に人気で、いろいろなデザインを楽しめることから非常に需要が高まっています。今ではビーズアクセサリーの資格も認定されるようになっていますが、そのビーズアクセサリーの資格を取るにはどうしたら良いのか、わかりやすく解説していきます。