ビーズアクセサリー資格をとるには

ビーズアクセサリー資格をとるには

ビーズアクセサリー資格とは?

ビーズアクセサリー資格をとるには

ビーズアクセサリー資格は、作品を作るための一定のスキルを有する人に与えられる資格です。さまざまな団体が主催しているため、その内容や資格の影響範囲、効果的な活用法、実技などはそれそれのビーズ資格により異なっています。

 

そのため、自分がどのような目的、たとえば講師になることや教室を開くこと、または趣味として技術を上達したいなどの用途によって資格を選ぶと良いでしょう。そのうち一般的に注目されている「ビーズアクセサリーデザイナー」と「ビーズアクセサリーインストラクター」の資格の所得の仕方についてみてみましょう。

 

「ビーズアクセサリーデザイナー」資格をとるには?

JDP(日本デザインプランナー協会)が主催しているビーズ資格は「ビーズアクセサリーデザイナー」資格です。ビーズや石についても基礎的な知識や、ビーズを使ったアクセサリー制作の技術が求められます。試験は年に6回、偶数月に実施されており、10,000円の受験料で試験を受けることができます。

 

インターネットで申し込みをし、在宅受験をすることができます。独学で学ぶこともできますが、通信講座を受講することで効率よく学ぶことができます

 

「ビーズアクセサリーインストラクター」資格を取るには?

JIA(日本インストラクター協会)が主催しているビーズ資格は「ビーズアクセサリーインストラクター」資格です。ビーズアクセサリーの製作に必要な知識や技術を、他の人に指導することができると認定された方が有することができる資格です。

 

インストラクターと資格に名前がついているように、講師として活動することができます。こちらの資格もビーズアクセサリーデザイナー同様、偶数月に試験が実施されており、10,000円で受験するこができます。

 

インターネットで申し込み後、在宅受験をすることができるので、気軽に受けることができるでしょう。2つの資格を合わせてとることも可能となっています。

 

まとめ

ビーズ資格は主催する団体により認定されるのでいくつかの種類が存在しています。その中でも一般的なビーズ資格は、「ビーズアクセサリーデザイナー」資格と「ビーズアクセサリーインストラクター」資格です。

 

これらは年に6回、毎月偶数月に10,000円で受験を受けることができます。インターネットで申し込みをして在宅受験なので気軽に取得することができるでしょう。Wで資格を取得するなら活動の幅をさらに広げることができます。

ビーズアクセサリー資格をとるには

関連ページ

生徒にビーズを教えるときのコツ
ビーズアクセサリーを作るスキルが高くなってくると、販売するだけでなく、作り方を教えてほしいといった要望を受けることもあります。そんなとき、生徒にビーズアクセサリーの作り方を教えるときに知っておきたい教え方のコツについてわかりやすく解説していきます。
ビーズアクセの講師になって稼げる平均金額
ビーズアクセサリーはスキルが上がってくると、徐々に売れるようになったり、作り方を教えてほしいといった要望を受ける場合があります。そうなったとき、ビーズアクセの講師になって稼げる平均金額はどれくらいのものなのか、わかりやすく解説していきます。
カルチャースクールを成功させるには
ビーズアクセサリーの講師として、カルチャースクールを開けるなど、ビーズアクセサリーのスキルが上がってくると、いろいろな可能性が広がって楽しいですよね!ここでは、ビーズアクセサリーのカルチャースクールを開講して、成功させるために知っておきたいポイントについてわかりやすく解説していきます。
生涯学習の講師になるには
豊かで充実した人生を送るための学習を生涯にわたって続けていくありかたを生涯学習と呼びますが、この生涯学習へ意欲をもつ人が増えてきており、講師の需要も高まっています。ここでは、生涯学習の講師になるための方法についてわかりやすく解説していきます。